実はパソコンは苦手

こういう仕事(プログラマーとか…)をしていると、よく他人から勘違いされることがあります。それは、「きっとパソコンが得意なんだろう」ということです。

残念ながらそんなことは決してなく、むしろ苦手なくらいです。おそらくは、私より事務を生業にされている方のほうがずっとパソコンのスキルは上だと思います。

だから、私に動画の編集とか、チラシやポスター作りとか、そういったものをお願いしようという考えにはそもそも無理があるのです。

これは私に限った話ではありません。私を含めたコンピュータの技術者は、必ずしも世間一般でいうパソコンの達人ではないのです。もちろん、趣味でいろいろやっている方であれば別ですが、多くの場合はそうではないでしょう。

もちろん、お仕事として依頼されれば可能な限り対応しますが、その場合は、そういったことが得意な人を担当にあてるようにしています。

 

カテゴリー: 雑談 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:

高木信尚 について

昭和42年生まれ、大阪市在住。 株式会社きじねこ 代表取締役。 著書: 『組込み現場の「C++」プログラミング 明日から使える徹底入門 』、『プログラマーのためのソースコードを読む技術』、『C/C++プログラミングの「迷信」と「誤解」』