普段使い用のPHPを5.5.6にバージョンアップ

私が自分でPHPのコードを書くのは、WordPressのちょっとしたカスタマイズなどを除けば、コマンドライン用途がほとんどです。簡単なツールを作ったり、メタプログラミングのために他の言語の前処理に使うといった使い方になります。そんな事情なので、あまり最新版を追いかける必要もなく、これまでは少し古めの5.4.11を使っていました。

たまたまPHPに関して調べ物をする機会があり、最新版も(当然予想していたことですが)かなりバージョンが上がっていることに気づきましたので、この機会にバージョンアップすることにしました。といっても、バグフィックスを除けば、バージョンアップの恩恵といえばfinallyが使えるようになったぐらいで、他は気づくような変化はなさそうです。

PHPのクラスにはデストラクタがあるので、あえてfinallyを使う必要もないのですが、PHPのクラスは遅く、できればクラス無しで書きたいという動機もわからないでもありません。であれば、finallyがあるのも悪くないかとは思います。

あと、ジェネレータももしかしたら使うかもしれません。ジェネレータというとわかりにくいのですが、イテレータを作るためのyield文のことで、C#でおなじみのやつです。

こんな感じで、今後はPHP 5.5.xを前提とした使い方にシフトしていくことになるでしょう。