Javaの設計思想が少し見えてきました。

Java のコードを本格的に書き始めてまだ数日ですが、少しずつ Java の設計思想が見えてきたような気がします。

以前は一貫性のないメソッドやコレクションや配列の間の変換のやりにくさに辟易していましたが、今では、「まあこういうのもありかな」ぐらいに感じています。

結局、目的に応じて配列やコレクションの類いは使い分ける必要があるわけで、場当たり的に選択するのではなく、よく考えて適切なものを選択し、自分のコードの中で一貫性を持たせていれば大きな問題はおきないようです。

Integer などの Number から派生したクラスが、内部の状態を更新できないのは参りますが、マルチスレッドのこととか考えるとこのほうがよいのかもしれませんね。

少し、Java のことを見直しました。