タグ別アーカイブ: Cygwin

Cygwin64を試してみました。

長い間Cygwinをアップデートしていなかったので、そろそろアップデートしたいと常々思っていました。ただ、現在開発中のプログラムがあるので、アップデートすることでそれらが動かなくなったり挙動が変わると嫌なため、二の足を踏んでいたのです。

久々にCygwinのサイトを訪問してみると、以前はsetup.exeが1種類しかなかったのに、32ビット版と64ビット版の両方が公開されているではないですか! 今回は、64ビット版Cygwinを試したときに感じたことを思いつくまま書き留めることにします。

やや恐る恐るではありましたが、64ビット版のほうをダウンロードしてインストールしてみることにしました。すると、32ビット版と区別するためにC:\Cygwin64にインストールされるようになっていました(もちろん、インストール先のディレクトリは変更可能です)。

何とかなるだろうと進めると…

続きを読む

CygwinのX Windowをxterm以外から使う。

私はちょっとしたGUIを作るときは今でもTcl/Tkをよく使っています。今回はそのことに関する備忘録です。

CygwinでもTcl/Tkが使えるのですが、以前は「Cygwin版」ではなくMinGWを使って(正確にいうと-mno-cygwinオプションを付けて)コンパイルしたものでした。ところが、最近のものは「Cygwin版」になったようで、X Window上で動作します。

CygwinのX Windowは、XWin Serverを起動してからxterm上で操作するのが基本ですが、EclipseやQt Creatorのような統合開発環境から呼び出そうとするとなかなかうまくいきません。

この問題について、しばらくまともに調べることもせずに放置していたのですが、最近ひょんなことから対応方法を見つけました。

そんなに難しいことではなく、環境変数DISPLAYに 127.0.0.1:0.0 を設定するだけでよかったのです。

export DISPLAY=127.0.0.1:0.0

これであれば、統合開発環境からでも難なく設定することができます。