タグ別アーカイブ: Tk

C + Tcl/TkでHello, World!

Tcl/TkはCやC++のプログラムにちょっとしたGUIを付けるのに便利です。Tcl/Tkはスクリプト言語であって、ライブラリとして使えることを知らない人も多いようですので、今回はCからTcl/Tkを呼び出してHello, World!をウィンドウで表示するプログラムを紹介することにします。

CからTcl/Tkを使うには、当然のことですが、Tcl/Tkがインストールされていなければなりません。Windowsであれば、Cygwinなら標準パッケージに含まれていますので、setup時にTcl/Tkを一緒にインストールすればOKです。なお、Cygwinの場合はX Wndow Serverを起動しておく必要があります。MinGWでも、Tcl/TkがMinGW本体と同じところからダウンロードできるはずですので、それをインストールしましょう。Visual C++を使うのであれば、Active Tclをダウンロードしてください。

Linuxであれば、はじめからインストールされている場合もありますし、なければapt-getやyumなどでインストールしましょう。Macの場合はMac Portsを使えばよいでしょう。もちろん、LinuxでもMacでも、ソースからコンパイルしてインストールすることもできます。

続きを読む

改めて感じるTcl/Tkの素晴らしさ

Tcl/Tkというと、何とも古臭いもののように感じる方も少なくないことでしょう。あるいは、「何それ?」ということで、聞いたこともない方もいるかもしれません。

Tcl/Tkというのは、スクリプト言語であるTcl (= Tool Command Language) と、そのライブラリである Tk (= Tool Kit) をあわせた呼び方です。TkはGUIツールキットとして非常によくできており、Tcl以外からも使えるようにさまざまな言語にバインディングされています。たとえば、Perl/Tk、Ruby/Tk、PHP/Tk、Tkinter (Pythonへのバインディング)などがあります。

かなり古くからあるものですので、古臭く感じるのはある意味仕方がありません。とはいえ、Tclが生まれたのは1988年、Tkが生まれたのは1990年代に入ってからです。CのANSI規格が制定されたのが1989年、Javaが登場したのが1990年代前半ですから、とんでもなく古いわけではありません。

続きを読む